結婚指輪の言い伝えって?

結婚指輪のこと、もっと深く知っておきたい!

結婚指輪のこと、もっと知りたい!

< お役だち情報サイト >
消えた婚約指輪

結婚指輪の言い伝えって?

結婚指輪はいつから利用するようになったのか?

結婚指輪サポートマニュアル』によるといろいろな説がありますが、一般的には、古代ローマ時代といわれています。

古代エジプト時代、身につける指輪はパワーの源とされていましたが、その指輪を男女が結婚する証として交換するようになったといわれているのが古代ローマの時代といわれています。

これが完全に結婚式に行う儀式として広まったのが、11世紀ごろ。

これも一説ですが、スペイン王とイギリス王女の結婚の際に、結婚指輪が持ちられ、その際に用いた指輪のデザインが現在の甲丸の形のデザインの起源となったといわれています。

でもどうして、結婚指輪は左手の薬指にはめるのか。

これも不思議ですね。

ほかのどの指でもなく、左手の薬指です。

これはエジプトの言い伝えに答えがあります。

左の薬指はその指の血管が直接心臓とつながっているとされ、大切な指という認識があったんですね。

この大切な指にパワーアイテムの指輪をつけることで、身を守るという意味があったのです。

また、古代エジプトでは、左手は信頼の手。

そして薬指は愛情の指とされていたことから、愛情と信頼の証としてはめられたのでは?とも言われているのです。

日本は左手の薬指ですが、海外には結婚指輪を右手の薬指につけるという場合もあります。


Copyright (C) www.andypoland.com. All Rights Reserved.

結婚指輪のこと、もっと知りたい!